住宅のオーバーローン

2013年9月20日
みなさんこんにちは、大阪・京都・兵庫・関西全域対応の任意売却のアースコンサルティングオフィス代表の神田です。

任意売却は大阪・京都・兵庫・関西全域対応の【ニンバイ.net】住宅のオーバーローンとはどういった状況をいうのでしょうか。オーバーローンは住宅の現時点の評価額が住宅ローンの残債の金額を下回る状況の事をいいます。 よくいわれる「担保割れ」と同じ意味になります。なぜそういった状況になるかというと、住宅などの不動産は購入後時間が経つにつれて評価額が安くなっていってしまいます。新築の物件より中古の物件が安いのは当然ですよね。当然住宅ローンを組んだ時の評価額の方が高いというわけです。 これに金利が掛かるので高額になる上、頭金が少ないとよりたくさんの金額を住宅ローンで借りることになるため、このオーバーローンの状態が起こりやすくなります。 任意売却は大阪・京都・兵庫・関西全域対応の【ニンバイ.net】こういった状況で住宅ローンの支払いが難しくなると住宅を販売しても残債が残ってしまいます。まして競売に掛けられでもしたら、それこそ住宅が安く処分されてしまい、残債がたくさん残ってしまうという状況になります。そうなる前に任意売却をお勧めします。 私たちアースコンサルティングオフィスは任意売却のプロです。「安心」「満足」「丁寧かつ適切な対応」をモットーにお客様を全力でサポートいたします。任意売却のご相談は、ぜひアースコンサルティングオフィスにお任せくださいませ。
任意売却は大阪・京都・兵庫・関西全域対応の【ニンバイ.net】 任意売却は大阪・京都・兵庫・関西全域対応の【ニンバイ.net】